実績のあるECサイト構築はどこで探せば良いか調べましょう。

風俗営業許可の種類

風俗という言葉を聞くと、まず第一に性的なサービスをするお店というのが世間のイメージですが、正確に言うともっと広い種類のお店のことを指します。
風俗営業には警察に風俗営業許可をとらなければならないのですが、その許可には1号営業から8号営業まであり、その店の内容によって申請する種類が分かれます。
まず一号営業はキャバレーのように客を接待とダンスそして飲食でもてなすお店となります。
そして2号営業はキャバクラ、パブ、スナックのようにダンスはさせずに接待と遊興、飲食でもてなすお店です。
3号店はディスコ、ナイトクラブのように客にダンスをさせて飲食をさせます。
これに該当するお店では接待をすることは出来ません。
4号店はダンスホールのようにダンスをさせてもてなすお店です。
これに該当するお店では接待、飲食は出来ません。
5号店は低照度飲食店、つまり客席を薄暗くして飲食をさせる店です。
明るさは10ルクス以下とします。
6号店は区画席飲食店、例を挙げて言うならば喫茶店やバーです。
飲食をさせていますが他とは区別してあり見通すことが困難なつくり、また広さが5平米以下の客席を設けたお店です。
7号店はパチンコ、スロット、麻雀のように射幸心をかき立てるお店とされています。
パチンコやスロットは換金をしていますがその交換方法に工夫をして賭博ではないとしています。
8号店はゲームセンターやゲーム喫茶など本来の用途以外で射幸心をあおる遊具を設置しているお店としています。
ただし、ゲームの占有率が店舗の10%未満であれば風営法に引っかからないそうです。
これらの店の中には同じような内容の店がありますが、2号店だったら1号店に入っている物を除く、5号店だったら1号店、3号店に入っている入っているものを除くという風に区別します。