自費出版をするには、準備も必要

自費出版をいつかしたいという夢を抱いている人はいるでしょう。
しかし、今の世の中は本が売れない時代でもあります。
それを踏まえて出すには、そうとうの準備も必要です。
後々売れないで残れば、せっかく書いたものも廃棄になってしまうのです。
自費出版をするとなれば、まずは作品を書くことも大事です。
その作品により、売れるかどうか、またどういう範囲で売るかなど、ジャンルなどを決めるのも大変です。
そして、自費出版するからには、出版社を知らねばなりません。
業界では、今やいろんな出版社が自費出版を取り扱っています。
金額のこと、また印刷する冊数などです。
本屋に並ぶのは、一ヶ月ぐらいです。
後は自分でクチコミしていくことになります。
ゆえに、下準備がとても必要です。
まずは、出せる金額を想定して、その金額に見合うところの出版社を探しましょう。
そして、アフターフォローもしてもらえるところを探すことです。
企業だけでなく、自分も動き、出した作品を知ってもらうために、いろいろと策を練る、これが意外に楽しいのです。

Comments are closed.