就職支援の時に意識しておきたいキャリアデザインとは

就職を支援する際、どうしても考えなくてはならないことはいくつかありますが、そのひとつはキャリアデザインでしょう。このキャリアデザインとは、自分の人生についてどのように考え、また仕事についてはどのようにしていきたいかということになります。例えば、男性であれば一生涯働き続けるためにはどのような仕事をどのくらい続けたいか、というようなことです。女性であれば、何歳くらいで結婚し何歳くらいで出産したいから仕事に関してはこのくらいで何をどう考えたいか、というようなことでしょう。基本的に男性と女性ということにかぎらず、その人がこれまでやってきたキャリアや年齢、その人のライフプランや家族構成によっても大きく変わってきます。就職に関しては、特にこのことを考えなくてはなりません。今小さい子供がいる場合はすぐには働けないので、せめて仕事につながるような資格をとったりパソコンスキルを伸ばしたい、というのもひとつのキャリアデザインといえるでしょう。そして、このためにパソコン教室を紹介したり、実際公的機関が行っているパソコン教室やママ就職支援センターを教える、なども、ひとつのやり方となっています。また、働くということについてもとても広く考える必要があります。起業するとか子供を産むというような大きなことや人生の転機とも言えることにかぎらず、仕事に関しては毎日しっかり働くという人も少なくありません。支援する際には、その人がどのような働き方をしたいかということも考える必要が出てくるようになってきます。例えば、定時までまったり働いて全く残業がない会社がいいのか、それとも残業が少し多くてもやりがいのある仕事がしたいのか、同じ仕事内容であったとしても営業寄りと技術寄りなど、さまざまなプランニングを考える必要があります。極端な話、どこでもいいからということで就職してもあまり長続きしません。最近は仕事や働き方についての考え方もさまざまで、とにかく家族を養っていければいいというだけではその人に魅力を感じない傾向があります。また、キャリアデザインをすることで自分がどのようになりたいかだけではなく、どのような会社がいいかもわかってきます。そうすることで自然と入りたい会社の傾向もわかってきますし、会社に入りたいという熱意も増えてきます。また、そのような熱意は面接では非常に伝わりやすいので、アピールポイントのひとつになりやすいということもあります。

Comments are closed.