若者向けの就職サポートでキャリアカウンセラーは何をするの?

景気が回復してきたこともあり、就職市場もこのところ活気を見せています。この中でも特に人気があるのが若者と呼ばれる20代の就職事情です。この世代は体力的にも元気で、また教育に対して様々な形で素直に応じてくれることから、とても人気があります。ただ、その一方でさまざまなことを見失いがちな世代でもあり、このような人たちの就職サポートのためにはカウンセラーと呼ばれる人たちが必要になってきます。では、そのようなカウンセラーの人たちは一体何をするのでしょうか。大きくざっと言ってしまえば、求職者である若者の就職サポートとなっています。ここでしてくれるサポートとは、まずは若者に対してどのようなことが出来るか、これまでどのようなことをしてきたかのキャリアの棚卸しなどです。就職サポートを行うにあたって、その人がどのような職歴を持っているかが大事なことです。例えばこれまで全く仕事をしたことがないという人もいますし、最近は非正規雇用のみでキャリアを築いている人もとても多くいます。ただ、どのような人でも欲しがる会社はあるため、どのようなキャリアがあるのかを改めて冷静に見なおす必要があります。次に、その若者がどのような就職を希望しているのか、ということです。就職を希望しているという人もいれば、中には将来的に起業したいという人もいるでしょう。また、バリバリ働くのは性に合わないということで働き方はパートなどで十分、という人もいます。カウンセラーの人はその人達の働き方についてしっかりとヒアリングし、その人の希望を聞く事が大事になります。その一方で、その人の希望とその人のキャリアの形がどのくらいかけ離れているのかも気にしなくてはなりません。さまざまなキャリアの形があり、また様々な会社があります。このため、会社で働くためにどのような知識や技術が必要なのかを教え、そのためには何をすればいいのかということを考えて行動し、どのようにすればいいかということを教える必要があります。その一方で、若者の場合は心が非常にナイーブになっていることもあります。最近は非正規雇用から抜けだせず自己否定感が強い若者もいて、就職に関しては結構敏感になっています。また、就職氷河期を経験したために正社員雇用がとても厳しいものだと考えている人もいます。このため、就職が難しいという考え方や心理的なさまざまなものを取り除くという、心理的なものも配慮する必要があります。

Comments are closed.